2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
--.--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11/04(Sun)
相馬・大石攻略終了
ここ数日で二人攻略終了しましたー
一人目は相馬肇。後の相馬主計ですね。
実は陸奥の次に好みだった相馬。
陸奥が終わってちょっと間があいて、次どーっすかなーと思ってたときに
同じく恋華にハマッてる沙子さんのオススメで決定。
沙子さんはもう半次郎攻略したんかなぁーあと半次郎だけって言ってたし。

そして二人目は大石。
前作から出てて、その鬼畜っぷりが人気を呼び、今回攻略キャラに昇格。
私としては、梅さんや伊東さんを殺してなにしてくれてんの!!
っていう派なので、好きどころか嫌いだったんですけどね。
こちらも沙子さんのすすめで相馬の次にやりました。
うん。なんか…嫌いじゃなくなったね!!

感想は続きからドゾー

【More・・・】

相馬肇
淡々と喋る奴でしたね。
まぁ、そういうキャラなのかもしれんけど、
たまに声優さんの棒読みなのか(爆)と思ってしまったりした(苦笑)
まぁ、すべてはアボルダージュ!!これに尽きますよね(笑)
前から相馬がそう叫ぶというネタバレを知っていたもんですから
今か今かと待ち遠しかったww(笑)
んで、章の名前で『アボルダージュ』って出たとき思わず吹いた(笑)
おいおい!章の名前になっちまってるよっ!!って。
淡々としてた相馬ですが、あの倫の胸で泣くシーンはよかったねぇ。
沙子さんが興奮して写メって友達に送りつけてしまう気持ちもわかるよ(笑)
恋愛に対して無頓着だからか、あんまり糖度は高くなかったけど
実は嫉妬してたとことか(黒頭巾のとこ)可愛いね。
あと、なんのときか忘れましたが、「少し歩こう」ってなって
竹藪にきたときはどうしようかと思った(爆)
いや、前にブログにも書いたと思うけど、相馬って雰囲気斎藤なんですよね。
で、竹藪に連れ込まれたりしたらどうしようwwとか思ってたら
オイオイオイオイッ!竹藪きちゃったよ!!みたいな(笑)
でもま、斎藤みたいにイキナリ……はなかった!(何)
斎藤は自分の恋愛感情に気づいてないけど、本能で動いてたからな(笑)
相馬も同じく気づいてないけど、本能は抑えてたんだろうな(笑)

あとやっぱ、相馬ルートでは野村がよく出るんですよ…
アボルダージュのときとか、奴は敵艦に残って死ぬんですよね……
相馬に「お前が死んだら誰があの子を幸せにするんだ」って…
言ってたような言ってなかったような(何)
すいません、台詞はいつもうろ覚えなんで……
でもま、そういうことを言ってやがりましたよ、奴は。
ホンット…攻略できないのは惜しい。
で、そんな野村にキュンキュンきてる人は、『北走新選組』を読めばいいと思う(何)
今オトメンで人気を博してる、菅野文さんの漫画です。
この方の漫画は素晴らしいね!絵も綺麗だし。
北走新選組には三つの短編が入ってるんですけど、
そのうちの『碧に還る』ってのが野村メインの話。
敵艦で死ぬとことか、忠実に描かれてて素晴らしい!!
ちなみにその次の『散る緋』ってのは相馬メインの話だったりします。
この相馬の話も史実にのっとってるから
相馬が土方から新選組を任されたときの心情とかその後の話とかよくわかって
すっごくいいです。感動モノです。
ちなみに、『凍鉄の花』っていう漫画も出てて、
こっちは土方メインのお話しになっております。
あまり描かれることのない、土方の五稜郭の戦いとかが描かれてて
こちらもすごくいいですよ。
新選組ファンなら読むしかない!!!!!!!!(何の宣伝だ)

大石鍬次郎
えー沙子さんのススメから攻略開始しました。
先ほども書いたとおり、私は前作で大石が好きになれなかったため
今回攻略キャラに入ったのにちょっと待てやと思った人だったりしました。
前作のキャラで今回攻略キャラに昇格したのって、大石と半次郎なんですよ!!
あ、相馬は名前と声だけ出てたかな。
なんで容保公とか石川は攻略キャラに昇格しないのですかぁあああ!!
こっちの方が好みなのにぃいいいいいい!!!!
と思いつつプレイしてました。
まぁ確かに、ネット上で見るだけでも大石は人気だったしなぁ…
仕方ないか………えええええええええええええ!!!!!
ちょっ、なにコイツ…!なんか……うん。ごめん。私が悪かった。
一言で言うと、すっごい切ない奴でした。
人を斬ることが、まるで酒を飲まないと気が済まなくなる人のような
そんな感覚に陥った自分を、「完成された俺」としてる大石。
人を斬る喜びか、人に斬られる快感か。
その二つの感情だけで刀を握る大石。
なんとまぁ、切ない人なのでしょうか。
倫に対しても、愛しさは感じるが同時に憎くもあるとか
なんだったかなぁ…自分がこーなったのはお前があのときこー言ったからだ
とか言われてたと思うんですが…ぶっちゃけ覚えてない(爆)

平助と鈴花カプでプレイしたため、最後に平助が大石と対峙しにきました。
わぁ、前作の平助ラストシーンだ!!
でも平助は大石と戦うのを途中でやめてしまうんですよね。
前作では倒すんですけど。
やめた理由が、「こんなに生にしがみついてる人を斬っても仕方ない」
……だったか?(何)
倫がきてることに気づいた平助が、倫に大石を任せるんです。
大石は前から倫に自分を手にかけてほしいって言ってたし
かけてくれないなら逆に手にかけるって言ってたし
私はこのへん「うわぁ…」と思いながらプレイしてたので
はっきりとした考察は書けないんですけど……
まぁあの、「愛する女に殺されること」が大石の願いだったのかな、と
そういうことにしときました。私の中で。
何人もの人を殺してきたから、まともな死に方は望んでなかったんでしょうね。
愛する女に殺されたいなんて、そんなん誰も望まないでしょ、普通。
どんだけ狂愛だよ!
手にかけた女の方だって、苦しみながら生きていかねばならないというのに。
「生きていくがいい……この俺に汚された記憶とともに……」
なんて奴だ大石。でもこのEDはなんだか綺麗で好きです。

大石やってると、ふと思い出すキャラがいましたね。
あの、某18禁ゲームの某堕天使ね。鬼畜なとこもそっくり。声は陸奥ですけど(爆)
まぁ奴の場合、最後何故か生き返ってるというある意味ムダなハッピーエンドでしたが。
悲恋は悲恋でいいと思うんですけどね、私は。
毒をヒロインが口移しで飲ませるシーン、綺麗だったしな。

あと大石ルートでは、庵がやたら出てきたねww
大石に気絶させられて宿に連れてかれたときとか!!
まぁ大石の奴も、寝てる間に汚してやろうかと思ったけどやめて
ずっと寝顔見てたとか言っちゃって!!
こいつの唯一の甘シーンじゃないっすか?(笑)
しかし庵がしっかり監視しについてきてたワケですww
そりゃ心配だよなぁ!娘同然に育ててきたコがこんな狂った男に連れてかれてたらさ!
ああー庵いいわww最後に攻略するのだ楽しみだ!!

さてと…次はどうしようかなー
辰巳結局やらなかったなぁ…なんかやっぱり食指が動かん。
だって陸奥陸奥言うの必至じゃないか…
咲彦いいかもなぁー咲彦いこうかなぁー
でもそろそろ鹿取もいいなぁー三木は庵の前と決めている(何)
まぁ、よしなに。
スポンサーサイト
【編集】 |  14:58 |  乙女ゲー話  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。