2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11/29(Thu)
超・超現実逃避
眠いです。最高に。
レポートが全然進んでないのでピンチです。
教科書ないのはイタいよなぁ…ただでさえ全然理解してないのにさ。
どこいったんだろう…教科書っぽくないから捨てられたかな(爆)

今日見た夢がまた最高だった。
四限からでよかった…また現実に戻れなくて授業犠牲になるとこだった。
もうね、すごいよ最近の夢は。話の筋が通りすぎててやばい。
大体、場面が飛びまくったりして意味わからんことが多いのが夢。
前まではそんなんやったんですけど…
マジで最近のはクオリティーが高い。
だからこそ、現実に戻ってこれないのさ…orz

今日のは真面目に書いたら小説一本できるぜって感じの内容でした。
ネタになるのでちょっとかいつまんで書いてみる(笑)
続きからどぞー…言っとくが、まじで長い(苦笑)

【More・・・】

場所はオーブ司令室。
…この時点でちょっ…おま…!な感じがビンビンしますね(笑)
私は多分、オーブの軍人なんです。軍服着てたし。
で、ユウナがわけわからん指令を出しまくりよります。
あまりにも無茶苦茶な指令ばかりなので、私がついにキレます。
ユウナの座ってるとこの前にある机をバンと叩いて
「お前が今そこにいれるのは、周りのみんなが我慢してるからです。
なのに次から次へとそんな無茶ばかり言って…いい加減にしろ!
ちょっとはお前も我慢しろ!!!!!!!」
もうね、めちゃ怒鳴りまくってた。ユウナ半泣き。
で、そんなブチ切れ状態の私を止めにきたのが……

ア ス ラ ン な ん で す よ (爆)

アスランもすでにオーブ服着てました。もうオーブ側なんだねー
「落ち着け」と言われ、どこか違う部屋に連れてかれて宥められる。
そしてなんとか落ち着く私。
それを見て一安心するアスラン。「君は怒ると手がつけられなくなるからね」
………完璧だorz
落ち着いたところで、実は…と、軍に届いたという機密ファイルについて話し出す。
で、それを今いる場所に持ってこさせたのがなんと

00の金持ちチャイナでした(名前わからん)

ああ、ワン・リューミン…ですか?今調べた。
ダブルオー混じった…!ちなみに、お付きの男の人(ホンロンっていうのか…)もちゃんといた。
ファイルを開ける等の機械操作をするのがホンロン。
………無駄に完璧だorz
なぜこの二人がいるのか謎ですけどね。

どんな内容だったか忘れましたが、とりあえず機密事項だということで。
でも差出人が不明だったんです。
その点が気にかかりますね的なことをリューミンも言っとりました。
「でもとりあえず、調べてみて」って私が言って、このファイルを閉じます。
「わかりました」で、リューミンとホンロンは部屋を後にするんですよ。

こっからのアスランがマジでかっこよかった。
なにってもう…!はっはっはっはっは!!(何)

「あのファイルを送ったの、君だろ?」

「え?」

「実はあのファイル、届いたときに俺が一回開いてみたんだ。
一通り見終わってファイルを閉じようと思ったんだけど閉じなかった。
一定時間を過ぎると自動的に閉じるようになってるみたいで、
こちらから閉じることができないようになってた。
でも今君、無意識かしらないけど、自分でファイル閉じただろ?」

私がしたかったことっていうのは多分、ある機密情報をもっていたんだけど
一軍人風情がなんか言ったところで相手にされないだろうという考えから
差出人不明のファイルを軍に送ることによって
誰かの目に必ず留まるようにした……というワケでした。
アスランはなんとなくそれに気づいて、核心を得ようと私にファイルを見せたという。
そしたら案の定。ファイルの設定をした本人しかわからんよーなことして
ファイルを閉じてみせた私だったっていう!
「すべてはオーブを思ってのこと。だからさっき、ユウナにもあんなに激昂したんだろ?」
………やべぇ、マジもうどうしよう…惚れる…

「まぁとりあえず、俺たちも調べてみた方がいいな」
すべてお見通しなアスランに感心してんのか惚けてるのかしらんがフリーズしてる私にそう言って
出ますよ…ジャスティスで出ますよ…!!

「アスラン・ザラ、ジャスティス、出る!!」

生で見ちゃったー!!!!!!!(これって生なのか)
ちなみにフル石田ボイスですw(何)軽く死ねる。
てか、夢内での私の地位的なものはどこらへんなのか全くわかりません…
あんなファイル巧妙なことまでしてんのに、どうやらガンダムには乗れる地位にいるらしく。
私もアスランに続いてガンダムに乗っていきます。
このとき乗ったガンダムがさ…見たことないヤツなんですよ…
黒に紺っぽいラインが入ってる機体なんですけど…
まぁ、かっこよかったよ(笑)

アスランに続いて出るときに、あのお決まりの台詞を言うんですけど
機体名がわからんのであたふたしながら出た(爆)
ちなみに、名前を言うのもはばかった。めちゃ日本人名ですからね…かっこ悪い。
でもここでなんか、あることを思い出すんです。
あの、ゲーセンに置いてあるガンダムのシュミレーションゲームあるでしょ。
戦場の絆…でしたっけ?これを調べてたときに書かれてたこと。
パイロットネームで後悔しない方法のとこで盛大に吹いた一文。
『富野作品を参考に名前を付けると、ガンダム世界に入った感じで面白いかも。
田中さんでも「タ・ナカ」とすれば、何となくガンダムっぽくないですか?』
そう。これを夢の中で思い出した私は、自分の名前を
「コウキ・ツ・キシマ」(実際は実名)って叫びました(爆)

操縦もものすごくリアルで困りました。左右のバランスをとるのが難しい…
夢だからってなにもかもラクにはできてませんねー

んで、アスランとどっかの視察みたいなんすることになって
地上に降り立ったとこで目が覚めました。

どこまでドリームな夢見てるんだ私は…!
…あぁちなみに、キラもカガリも出ませんでした。
ユウナとアスランと00のお二人とその他軍人たちな感じでした。
ユウナがいて、アスランがオーブ軍服を着てるってのはちょっとおかしいですが
まぁ…夢だしそのへんはしゃーないよ☆(何)

長々とどうもすみませんでしたこんなネタ!(苦笑)
まぁあの…イタい子なんで私☆(死)
こんなんだから夢見乙女なんだろうなぁ…
ま、楽しいから全然いいけど!(何)

こんなん書いててレポート手つかずな私に救いの手をー!!(死)
スポンサーサイト
【編集】 |  23:33 |  なんかアレな話  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。