2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--/--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.07/29(Fri)
ハガレン映画
昨日のことなんですけども、ハガレン映画観てきましたよっ!!
いやーなんか泣けました。
アニメの続編ってことですが、一緒に観にいったイトコ(あんまりアニメまじめに見てない)でも、
結構わかったよーって言ってました。
…とはいえ、難しいですよね、いろんな部分で。
ヤツの場合、大佐がいればなんでもいいんです(笑)
映画館に入るとき、オリジナルパスみたいなんもらったんですが、
それが大佐(と中尉)のパスで、めちゃ満足しとった。
ちなみに、映画のパンフの27ページにあるイラストのパス。
私もそれでした。嬉しいよ!…エドの方が好きだけど。。。
きっとパンフ26ページのイラストのパスもあるんだろうなぁ…いいなぁ…
ちなみにその裏には入場証明書が。
“あなたは『劇場版鋼の錬金術師シャンバラを征く者』を劇場にて鑑賞したことをここに証明します。 焔の錬金術師 ロイ・マスタング”
そしてその下に筆記体で『ロイ・マスタング』って書いてあった。

…エドバージョンだったら鋼の錬金術師だったんだろうか。
でも大佐も好きだからいいさ…いいさ!!

*ここからネタバレ注意
最後、ミュンヘン側に戻ってきたエドにアルがついてきてしまって、
一緒にいたいんだ!!で一緒にいて終わりか…
いやー映画ですっきり終わると思ってたのに、なんか…すっきりしないよ!!

ピンポイントに感想を言っていくと、
・まず最初のハスキソンって人は扉を抜けてミュンヘンにきてなかったのかということ。
最初にこの人との戦闘シーン(昔のエド&アル)だったんだけど、
これはこの人の作った爆弾のためだけにあったんだろうか。
だって、最終的にウラニウム爆弾だけミュンヘンにでてきて、ハスキソンはでてこないし。
私はこの人が扉を抜けて、ミュンヘン世界でウラニウム爆弾を手に、
あれこれするのかと思ってました。
扉から帰ってこれるのはすご腕の錬金術師だけ。
なら、扉の向こうに行けるのもすご腕の錬金術師だけなんかなぁ。
それならしっくりくるんですけどね。
この映画で扉を抜ける(行き来する)のができたのは
エド・アル・デートリンデで、エドアルは言うまでもなくすご腕の錬金術師だし、
デートリンデだって、エドアルみたいに無傷ではないけど一応生きて行き来したし。
だから鎧を着た兵士たちは、抜ける途中で押しつぶされたのだろう…か?
…ここまで考えないと理解できないあたりもちょっとねー
それに、エンヴィーは錬金術師じゃないし!
竜だから抜けれたのかな?…謎。

師匠の死あっけねー!!
「生きてると思ったよ!?」(意味は大佐の使い方と逆です)
ラースがアルのために…というか兄弟のために動いたのが泣けました。
「僕はもうママのところに逝きたいんだ」(うろ覚え)
最後、扉で待ってた師匠(このために死んだ感があってなんか虚しいけど)に、
ラースが「ママ」と言って抱き合ったのは涙。よかったねラース。

北方にいた伍長(笑)
ハボックの「大佐が待ってるのは~」(うろ覚え)の台詞で、
エドを待ってる大佐になんかときめいた(爆)
これもー一部の方々万々歳ですね(笑)
気球に乗るとことか、大佐おもろい。
リザさんが「嘘!?」って言うとことかもー
声にだして笑えない(映画館意外にも静かだったから)ので、一人にやけてました。

ヒューズさんとグレイシアさん
ミュンヘン世界のヒューズさんは、アメストリス世界のとは違って、
顔そっくりだけどシリアスって感じがしました。
グレイシアさんとの出会ったばっかりはあんな感じだったのかなぁ。アメストリスの方も。
エドが「さっさと告白しろよ!きっと上手くいくぜ」(うろ覚え)
って言ってんのに笑けた。

…等々、語りつくせないくらいまだいっぱいあるんですけどね。
ま、映画館ならではの大迫力の戦闘シーンやらキャラのアップやら壮大な音楽やら満足w
ゲストの方々も、頑張ってたと思いますよ。
…あえて文句は言いません(爆)(言ったらキリないし)

ドイツのナチス時代は、私的に一番暗くてつらい時代だと思います。
そんな世界に残ったエドに、ついてきたアル。
…続編ありそう。それならそれでいいけどね。
でも、この世界に来た時点で、二人は錬金術使えないし、もう錬金術師でもない。
……どうすんのよっ!!!!!(何)

…このへんで強制終了(爆)


スポンサーサイト
【編集】 |  21:43 |  アニメ話  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。